不動産売却査定

マンションなどを売る際の査定についてちょっと書いてみたいと思います。現在所有する住宅など不動産を売るには、その不動産がいくらで売れるかを査定をしてもらうことから始めます。これはどんなことかといいますと、その不動産が現在金額にしてどのくらいの価値があるのかを調査して評価をすることです。

 

マンション、一戸建てなど住宅は当然ではありますが、新築した時点よりかなり低く評価をされるものです。居住年数や不動産の状態に応じて不動産売却の査定額は変わってきます。ところで、査定をするためには、不動産会社へ行って話をしておおまかな金額を出すこともできますが、実際にその建物の状態を見ながら査定をすることによって具体的な売却金額を査定することができます。この査定については、一つの不動産会社にこだわらず、めんどくさいとは思わずに、なるべく多くの業者から査定をしてもらった方が、いいかもしれませんね。

 

複数の査定をすることで、不動産売却の査定の金額が違うことがわかるのではないでしょうか。最低でも3社以上の業者に見積もりをしてもらうことで所有する不動産を一番高く売却できる会社や売却手続きなど総合的に判断して選んで依頼する会社を決定するのがよいでしょう。不動産売却の査定はあまり期待せずにいくつかの業者に査定をしてもらっても現実の評価額というのはシビアだったりして現実の不動産査定額というのは購入時の価格からすると悲しいほど安い金額になってしまってやりきれない思いになるかもしれません。