不動産の買取

不動産を業者に買取りしてもらう際の、ことについてとりあげてみたいと思います。土地や家などを売ろうと思ったら、不動産会社に仲介に入ってもらって不動産の購入者を見つけてもらうという方法もありますが不動産業者に買取りをしてもらうといったケースも考えられます。この場合はその不動産の査定額は不動産会社によってそれぞれ違っていると思いますからその不動産会社はいくらで買い取ってもらえるのかしっかりと見積もりをしてもらわなければなりません。

 

ここで忘れてはいけないのは、業者により違うということで不動産の査定額が自分の希望よりだいぶ安かったら、他の不動産会社をあたってみるといいかもしれませんし、あらかじめ数軒の不動産会社に売却したい物件の査定の依頼をするという方法が賢いやり方でしょう。不動産会社によっては、仲介物件ということで広告をして買い手がなかなか居ないようでしたら、不動産会社が買取をしますよと提案するというところもあります。

 

ただし、実際によくあるのは、仲介だけをして手数料をもらうよりも、転売をした方が利幅が大きいために、ほんとうは買い手はわりと見つかるような物件でも、買い手がつかなかったために自分たちの会社が買取りをすることにして足元を見て安い価格て買取りしようとして高く売却して利幅を取ろうとするような悪いうわさもあったりしますので、一社だけに聞いて不動産を売却するのは危険です。